ロゴ
HOME>オススメ情報>防水工事を行って雨漏り防止【住宅寿命を延ばす秘訣】

防水工事を行って雨漏り防止【住宅寿命を延ばす秘訣】

家の模型

防水工事を行う理由

戸建て住宅の中でも、鉄筋コンクリート造の家は防水工事が必要になると考えておいたほうが良いでしょう。防水工事とは室内への雨漏りや浸水を防ぐために行うもので、アスファルトやシートなどの素材が使われます。なぜ鉄筋コンクリート造の家に防水工事が必要なのかというと、コンクリートは乾燥後に微細な亀裂が発生するからです。建築当初は小さな亀裂でも、地震による揺れや経年劣化によって少しずつ大きくなっていきます。いつかは水が室内へ浸透するほどにまで大きくなるので、時期を見て防水工事をしなくてはいけません。特に必要となるのが家屋の屋上です。鉄筋コンクリート造では屋上に水が溜まりやすく、亀裂から浸水しやすい構造となっています。家屋の価値を守るためにも早めに行うようにしましょう。

雨

防水工事を依頼するタイミング

目に見えた被害がない場合でも、10年を目安に防水工事を依頼するのがおすすめです。使われている素材が劣化し寿命を迎えるのが10年前後であるため、それに合わせて定期的に防水工事しておくと確実です。しかし建物の周囲に次のようなものが確認されたときには、すぐにでも防水工事を行うべきです。まずすでに雨漏りが見られる場合です。天井から水滴が垂れてくるときはもちろん、コンクリートが変色している場合も水が染み込んでいる可能性が高いため業者の方に見てもらうようにしましょう。屋上などに水たまりができている場合も注意が必要です。水が流れにくくなっていることを意味するため、そのままにしておくと染み込んでくる可能性があるからです。こまめに外壁を見て回り、何か変化が起きているなら業者に依頼したほうが安全です。